• ホーム
  • 株初心者は投資顧問のアドバイスを受けましょう

株初心者は投資顧問のアドバイスを受けましょう

資産運用を行う人が増えてきて、初心者がまずはじめるのは株が多いです。
昔からあるポピュラーなものであり、最近はインターネットを経由して手軽に行うことができるのが魅力になっています。
調べれば情報も多く出てきますし、誰でもはじめることはできるはずです。しかし株というのはシンプルであるだけに奥が深く、初心者が一朝一夕の勉強をしたくらいでは分からないというのが現状です。
市場分析というデータの見方が分かっても、実際に予想を立てて勝率などを考えるのはまだまだ難しいというのが本音になります。
そこで投資を行うなら専門家のアドバイスを受けるのが良く、投資顧問業者に相談するのがおすすめです。投資顧問業者とは顧客に対して、有価証券やデリバティブ取引といった投資についての助言をしてくれる専門家で、場合によっては投資を一任することもあります。
日本では国家資格はありませんが、金融商品取引法に基づいて財務局へ登録しなければ営業活動を行えません。
またその際に事業として活動するために営業所を構える場合、供託金として500万円が必要になります。
ただ財務省に登録さえすれば、「有価証券のアドバイス」だけは可能です。気を付けたい点としては助言と一任に業務が分かれていることで、さらに会社によってそれぞれ内容や料金設定が異なっています。
特に決まり事はなく、それだけにしっかりと見極めて、自分に適したところを見つけることが重要です。
相談料を払ったのに勧められた株で損をした、こういったことはわりとよくあるので気を付けてください。投資顧問はアドバイスだけなら財務省に登録するだけでよく、過去に借金問題や刑法に違反したことがない人なら、拒否されることはほとんどありません。
そして個人に対するアドバイスだけなら供託金も必要なく、誰でも行うことができてしまいます。
それだけに見分け方が重要になり、無能ならまだしも、悪徳投資顧問業者には注意してください。

悪徳投資顧問業者に注意!見分け方とは?

株初心者が頼るべき存在として「投資顧問業者」がありますが、仕事として行うための資格などは存在せず、財務局に登録すれば誰でもなることができます。
事業として活動するために営業所を構える時には、供託金として500万円が必要になりますが、アドバイスを行うだけなら登録さえすれば誰でも可能になるわけです。そして株というのは市場分析を行っても、絶対は存在せず、リスクは常に抱えています。
投資顧問に相談して勧められた銘柄を買っても、必ず上昇するという保証はありません。
それゆえ中には悪徳投資顧問業者も存在していて、見分け方を知っておくとリスクを避けることができます。
頼りにすべき相手が騙そうとしてくる、これでは資産運用どころかお金を捨てるようなもので、見極めが重要です。まずチェックするのがホームページで、「誇大広告」や「断定的判断の提供」がある場合は注意が必要です。
「必ず上がる銘柄を教えます」「この株で損を補填できる」こういった断定的な内容が書かれているところは避けた方が安心できます。さらに証券取引等監視委員会では、証券取引や金融先物取引などの公正確保を目的にして、金融商品取引業者が行っている取引内容の審査、検査を行っています。
ホームページでは過去にさかのぼって指摘事項となった事例が公開されているので、チェックすると今後の参考になるはずです。ランキングや口コミも利用するのがよく、今のネット社会はある程度有益な情報を手に入れることができます。
すべてが正しいわけではありませんが、投稿数の多さや内容の比重を見ていくと、会社の安全性やリスクを読み取ることができるはずです。
投資顧問を頼りにする時は、事前の情報収集が大切になります。

関連記事