• ホーム
  • 話題の仮想通貨(ビットコイン)取引の紹介

話題の仮想通貨(ビットコイン)取引の紹介

仮想通貨であるビットコインの取引方法は大きく分けて2つあります。
現物取引とFXのような取引です。
デジタルな通貨である仮想通貨ですが、現物取引はあります。
金融関係に知識のない人ですと、ここで仮想の通貨なのに現物があるのはおかしいと引っかかる方もおられるはずです。ここで言う現物取引とは、現物があるような形で取引するといったニュアンスです。
ビットコインの現物取引では、資金以上に取引はできません。
国内であれば円、この円の所持金額で購入できるビットコインしか手に入れられない取引方法です。
別の特徴としては、リスクが限定されている事です。
取引で購入した金額分だけリスクを取る事になります。
一般的な通貨で考えるとわかりやすいです。
現物として1円所持していて、1円以上損をする事は過去にはないはずです。
他には買いからでしか取引できない特徴もあります。これらを踏まえた上で、仮想通貨のFXのような取引に触れていきましょう。
FXのような取引では買いからだけではなく、売りからでも入れます。
売りは株で言われている空売りのような仕組みです。
ビットコインなら取引所から仮想通貨を借ります。
株なら証券会社から借ります。
売りで儲かる仕組みは、借りた後にある値で売り、値下がりした所での買い戻しです。
高値と安値の差額分が取引した人の利益です。
買いから入る場合は売る時の逆を行います。
一般的なトレードのような形の取引です。特徴は手数料が安い事、取引資金以上のポジションを持てる事、資金以上の損失が発生する事などです。
現物と比較すると非常に安い手数料で取引できるため、資金が少ない人に向いています。
レバレッジといったテコの原理を使って大きなポジションで取引する事で、現物よりも大きな利益を獲得出来ます。
しかし、現物取引にはないリスクがあり、それは取引時に相場が大きく変動した時です。
このような時、レバレッジを効かせ、大きなポジションを持つと、資金以上の損失が出やすくなります。
現物取引には起こり得ない事象です。初心者はリスクの低い現物が良いです。
リスクが限定されており安心出来ます。
初心者以上の人でより多く儲かる事を希望する場合、FXのような取引がおすすめです。
各取引の特徴を把握した上で、自分に合った取引方法を選択してください。
また、ビットコインのような仮想通貨には消費税はかかりませんが、所得税が掛かります。
仮想通貨の税金管理や節税方法を知らずに手を付けるとペナルティを受ける場合があるので、一度確認しておくことをおすすめします。

ビットコイン取引はどのように始めれば良い?

ビットコイン取引のやり方についてですが、取引は取引所で行われています。
まずビットコイン取引所でアカウントを作成します。
申し込みは電話ではなく、インターネット上で行います。
対応したSNSのアカウントがあれば、そちらを登録する事もできます。
メールアドレスなら、メールアドレスとパスワードを入力し、入力したメールアドレスに取引所から確認メールが届きますので掲載されているURLをクリックします。次にSMS認証と本人確認を行います。
SMS認証には、携帯電話の番号が必要です。
項目に電話番号を入力して、携帯に取引所からメールが届きますので、掲載されている認証コードを項目に入力してください。
最後に認証ボタンを押す事で制限なく取引が行えるようになります。本人確認では本人の氏名、性別、生年月日、住所などを入力します。
後でアップロードする身分証明書と同じデータを入力しなければいけないので、他人の情報や嘘を入力しないでください。
本人確認書類用に免許証、パスポート、在留カード、マイナンバーカード、住民基本台帳カードの中の1つを用意します。
顔写真が入ったものが必要です。
自身の顔と本人確認書類が一緒にのった写真を用意して、取引所に送ります。
アップロードのやり方はネットから行えます。後日、平均1日から2日程度で本人確認書類の確認のはがき、書類が届きます。
これでビットコイン取引の準備は完了です。
次は取引に必要な資金を入金する作業です。
入金方法は銀行振込、コンビニ等が利用できます。
銀行口座があれば、取引所が指定した口座に入金します。
取引所の指定口座に入金されたら手続き完了です。
ビットコインの取引が可能になります。自分が使う予定の取引所は、事前に調べておきましょう。
サーバーの強度、ログインなどの不具合、ツールの使いやすさ、取引時の快適さなどをチェックした上で取引所を選択すれば、後で再び他の取引所を探すといった無駄な手間を省けるためです。

関連記事
人気記事一覧